体験オタ活

オタクが活き活きしているであろう町。秋葉原に降り立った

それはそれは様々なジャンルのオタクを網羅している町だけあって

いろんなオタクが溢れている。

 

俺もオタク色の染めてくれ

アイドルオタク(ガチ)の友達とアイドルのグッズがたくさん置いてある店を目指した。

 

店の場所はビルの中、初見ではわかりづらい

でも、店の前に立っただけでわかった

ここがアイドルグッズのお店であること。そういう界隈では有名なお店らしい。

俺には衝撃が走る雰囲気だった。だけど初めてじゃないどこか懐かしい衝撃

 

そうだ、小学生の時、初めて遊戯王カードとかをバラで売っているお店に入ったときと

同じ衝撃だ!どこか裏市場に入ってしまったかような感覚....

 

アイドルの写真が値札を添えてお店のキャパの限り飾ってある。

分からない人だらけなんだろうなと思いきや、、

7割くらい写真の人物が分かった。そんな自分にびっくり。坂道を勉強した成果。

 

まず、グッズの値段にはしゃいでた

ずっと見ていると千円が安いなという錯覚に陥る

サインがつくと6万以上の値段がついている

 

次にグッズを見ててわかったのが値段でだれが人気なのか分かること

これが分かったとき、自分なりのこのお店の楽しみ方を見つけた気がした

世間でも知名度が高めのアイドルVS世間ではまだそこまでのアイドルの

値段を比べてその差にはしゃぎきって完全にうるさい奴になっていた。

友達には「ここのお客さんの中に応援している子に当てはまっている関連のこと言ったら怒られるぞ」みたいなこと言われた。冷静になった。

 

でも、値段をみているのは楽しい。楽しみ方が遊戯王カードを見ていた小学生の頃と同じだ。

 

結局2時間くらい居座ってなにも買わずにでてきた(大変迷惑な奴だな)

 

帰り道、友達が買ったグッズをプレゼントしてくれた。

なんとも複雑な感情。グッズをどこに置けばいいのか...

プレゼントしてくれたことはうれしい

グッズを持って秋葉原から帰りの電車を乗っている姿は

堂々たるオタクであったろう。

 

 

これだけで生活が楽しくなる

買うの遅くなった

でも、やっと買えた

 

バンプの新アルバムを買えた。「aurora arc」

ギターを趣味にすることができたきっかけのバンプ

 

中学生の頃はもろに藤くんの影響を受けて

おもいっきし前髪が目にかかった状態の髪型。親には散々怒られた。

今の今までで好きなバンドや歌手はたくさん増えてきたけど

結局長く聞いているのはバンプな気がする。

 

そんなこんなでバンプとは長い間お世話になっている。。

 

さぁさぁ、家に帰ってブルーレイを再生

カウントダウンのライブ映像

藤くんのCDとは違うフレーズ・言葉の言い回し

これをカラオケで歌えるように一人で練習する。

 

そして散々、自分のカラオケに付き合ってくれる

友達たちの前で歌う。自己満足。とても楽しい。

 

趣味であるギターの手癖は

もともと、藤くんの手癖をコピーしてアレンジしたもの。

やばい。気持ち悪いな。なかなかだ。

 

今年の11月にはバンプのライブに行く

まったく当たらないチケットを友達が一発で当ててくれて

一緒に連れて行ってくれるそう

 

 

バンプな年になる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オタ活な日

こんなあっつい日に人ごみに混ざってた一日

そう、今日はオタ活の日

誰でも名前くらい聞いたことあるだろう

坂道グループのイベントに友達と参加

 

友達はとてもアイドルに詳しい

厳しい修行を乗り越え、3つの坂道メンバーの名前を覚えた

、、、ついでにはまった。

 

イベントの内容はザンビ(ゾンビ?)だらけの校舎?から役になりきっている

アイドル(あしゅ)を救えという内容だった。

 

こんな機会でもないかぎり入らない渋谷ヒカリエの7階(だったっけ?)で

30分くらい待機して入場。

 

イベントが始まる前に坂道グループの誰かがランダムで説明してくれるらしい。

メンバーの推しとかはまだ決めれていないので誰であろうとうれしい。

(ここだけはちゃんとファンよりも平等にお得なとこでしょう!)

 

説明をしてくれたのは、ギャグセンスが高いでおなじみのささく。

説明を読んでる中でも仕草とかで笑わせてくる。

だけど身長高くて、小顔。さすがアイドルだ。

 

さぁ、イベントスタート!

あしゅを助けにいこう!

ゲームの中で何回か選択を迫られる箇所がある。

そのたびに演者たちの迫真の演技にテンションに上がった。

 

自分たちはヘラヘラしすぎて怒られてしまった。

あれも全部アドリブなんだよな。すごいな。

 

へらへらしたままイベントの結末の発表。

あしゅはザンビに囲まれている。

今にも襲いかかってきそうだ。助けて!!っと叫んでいる

っと隊長たちとおそらく自分たち到着!

さぁ!助けるぞ!!待っておりなさい!

 

 

 

ん、、あれ?だめっぽい....

隊長が体を張って自分たちは逃がそうとしている。

そして、なんと助けてと叫んでいたあしゅまでが

体を張っているのではないか。

何しに来たんだろ。「Sad END」。

 

そのあと、グッズ売り場でランダムでグッズが当たるジャンルのものを

一通り買って終了。

 

友達と仲良く開封して、当たったメンバーの豆知識を教えてもらった。

お勉強になりました。

 

 

がぁ。。好きになれない人混み疲れたよ。

 

カテゴリーは趣味にしておくか

 

 

 

 

 

 

 

なんて日

起きた直後からテンションの振り幅がすごい

 

京王線が運転見直しで遅刻が決定した

京王線ユーザーである自分は

今日みたいな日は休ませてくれるかなと淡い期待を持ちつつ、とりあえず

上司に迂回ルートと何時に到着するか分かんないことを連絡。

 

期待する返信は「着くの遅くなっちゃうし、仕事あんまり進まないと思うから有給使っちゃえば?」みたいな返信。

 

普段上司からくる返信なんて無感情のまま真顔で淡々と待ってるだけ

特別今日はすこしだけテンションが上がった状態で返信を待った。

 

5分くらいで返信がきた。割と早め

「了解しました。」

真顔に戻った。

 

行くことが決定した合図

 

 

とんでもない列のバス停留所に並んでいる。

ここに並んでる人たちはどういう気持ちなんだろう。少なからず同じ気持ちの人はいるはず

 

できることなら行きたくない場所。

でも迂回ルートまで探して並んで必死で向かっている。

はぁ。。矛盾 なんて日。

 

 

昔、教わったこと

晩ごはん何にしよっかな

ある程度作れる物は決まってる中

考えながらの帰り道

家近くの信号機が赤

小さい子供を連れた親子の後ろで

青になるのを待ってた

 

信号機が青になった

突如小さい子供が右手を大きくあげた

お腹に直撃。ウッと小さく声をあげ

何事かと前を見る

何事もないかように前に歩いている

 

なるほど、ここにいますよってことで手を挙げたのか。

小学生低学年で教わった技

小さい子供は忠実だった

 

お腹に裏拳して教えてくれた思い出

海なんて

今週のお題「海」

 

夏休みは絶対にみんなで一緒に海に行く!!

そりゃもう体全身黒く焼けて

夏休み終わった後、満喫したんだね〜って言われるようなタイプではない!

 

学生の時の夏休みは

バイト、バイト、バイト、時々ライブみたいな日々その他の休みと変わらない日常。

 

(ズレてるぞ、お題は夏休みじゃない「海」だ)

 

 

海の思い出と言えば小学生の時、、

イルカの浮き輪に乗って海に漂ってた中

とんでも波が襲ってきて見事巻き込まれて

イルカから離れてしまい追いかけようと泳ごうとしたけどゴーグルの付け忘れに気づき溺れるという思い出が一番鮮明だ。(当時は本当に死ぬかと思った。助けてくれたお兄さんありがとう)

 

そんなこんなだけど、

今年は友人たちと海に行きそうな流れ

正直、プールでいいんじゃんか

ウォータースライダー乗りたいし

足に砂つかないし、水しょっぱくないし

プールのいいとこは沢山思いつく。

 

あ、余計な考えが、

海ならではのやりたいことを思いついてしまった。。

友人を砂浜に埋めてみたい。。

久々の海楽しみ お盆早くして。

 

知らない隣人

住んでるマンションの一階にある共有のビン捨てのゴミ箱を見て驚いた。

いや、正確には見たんじゃなくて目に入った

 

意識して見るとかしないかぎり

目に入らないゴミ箱に目がいったのには理由がある

 

それはとてつもない量のリポビタンDが捨ててあったから

 

うん。疲れていたんだろうな

いや、でも勝手に一人がまとめて捨ててると思ってるぞ。

もしかしたら複数人が

たまたまリポビタンD

同時に捨ててるのかもしれないじゃないか。

 

こんだけ世の中にエネルギードリンクが溢れてる中リポビタンDだけを飲む

隣人がたくさんいるのはちょっと変な話だな

でも一人があんな大量に飲んでるパターンだったら他人事だけど心配になる(ならないけど。)

 

徹夜してがんばるため飲んでるのか

疲れを抑えるため飲んでるのかわからないけど

もし、救急車の音が家の近くで鳴り続けることがあったらリポビタンDの人が倒れたんだろうなって思っておこう。

 

そういえば、リポビタンDって飲んだことないな。

今度しんどい時に買ってみるか。